読み込み中…

Panaracer AGILEST DURO 23~28c

¥6,820

>>>Panaracer

日本の自転車向けタイヤ・化成品メーカー
同社が1979年(ナショナルタイヤ(株)時代)より使用している自転車用タイヤのブランド。
「Panaracer」「パナレーサー」の由来は、 1955年の輸出用高性能スピーカーに使われたロゴ、PanaSonicからで、「全ての」の意のギリシア語「PAN」と「競争者」を意味する英語「RACER」からなる。

創業時の親会社はパナソニックで、電気器具メーカーでありながら創業者の松下幸之助が自転車店の丁稚奉公から職業経験を始めていたため自転車に思い入れがあり、自転車本体(パナソニック サイクルテック)、自転車用ライト(AIS社)、自転車用タイヤなどに参入している。
当初はパナソニックグループの自転車タイヤを担当する位置づけで、グループから離れた現在も実用車仕様(婦人用、子供用、電動アシスト)、スポーツ仕様(折り畳み、ミニベロ小径車、MTB、ロード、トラックレーサー)、さらには競技用を含めた車椅子用タイヤを製造している。 また、タイヤの他にも工業用のゴム用品や樹脂部品などを製造している。

 

【AGILEST<アジリスト>】 

最高の走りに、最適なエレメントを、ゼロから新たにバランシング。その構想を実現するテクノロジーに、
新コンパウンド「ZSG AGILE」、新素材「TF Super Belt/Outer Shield」を採用。
選べる3タイプ【AGILEST/AGILEST DURO/AGILEST LIGHT】で、様々なライドシーンに対応。

-- DURO --
新開発された「Tough & Flex Super Outer Shield」+Pro Tite BeltによりAGILESTから更に耐パンク性能がグレードアップしたモデル。
また「ZSG AGILE Compound」により、レース・トレーニングからロングライドまで対応する性能を誇り人気であった前作から20gの軽量化を果たし、更に転がり抵抗も低減した。(※700×25C比)
パンク要因の多い荒れた路面や、パンクを避けたいロングライドなどで威力を発揮する超強化レーシングタイヤ。

表記サイズ 幅(mm) ビード径 トレッド サイド 重量(g) 推奨内圧(kPa)
700×23C 23 622 210 MAX 1050
700×25C 25 622 220 MAX 980
700×28C 28 622 250 MAX 750
表記サイズ 幅(mm) ビード径 トレッド サイド 重量(g) 推奨内圧(kPa)
700×23C 23 622 210 MAX 1050
700×25C 25 622 220 MAX 980
700×28C 28 622 250 MAX 750